program

ブログ

あっという間

長女が一輪車にはまってから、2か月程。 最初は、数メーターも乗れなかったのに、あっという間に長い距離も楽々乗れるようになっていた。 ついには、空中乗り(と呼んでいるひとりで何もつかまらず乗る乗り方)でも乗れるようになった。 転んでも、転んでも何度もあきらめず、 怪我をして、膝をすりむいても頭をぶつけても辞めることは無かった。 次の日もまた次の日も お昼休みも放課後もやり続けた。 いろんな経験をしてしまうと 転んだり、つまずいたりするのは痛いし、かっこ悪いしと思うと ついついやらないで済む道を探してしまう。 けれど、やっぱり、何でも挑戦してみるって大事だなぁと 我が子に教えられたこと。