column


はたらくひとインタビュー

フラワーアレンジメント教室主宰|中島知子さん(55歳)

渡仏で見つけた本当にしたい仕事   055


フランス留学で身に着けた パリスタイルのフラワーアレンジメント

<取材日>20181207


<職業>

フラワーアレンジメント教室「フェアビアンカ」主宰

<雇用形態や働き方、勤務時間>

フリー

<役職>

代表

<これまでの略歴>

四年制大学卒業後、財閥系金融機関に入社。大学生の時から習い事で生け花を習っていた。→27歳で結婚→派遣社員として、銀行員時代から通算で15年ほど勤務→30歳を過ぎたころ、雑誌「花時間」が創刊され、大人気に。同じ花をするなら生け花よりフラワーアレンジメントの方をやりたいと、豊中のかわしまかずよ先生に師事。→雑誌を見て「パリスタイルの花」が好きだったので、フランスに滞在してジャンイヴラーヌ先生のフローリスト養成校に通う。→フランス公立自然環境と生活環境学校(テコマ校)のディプロマを取得する。→それからも買い付けなどでフランスを訪問。→大阪・心斎橋と泉佐野に、フラワーアレンジメント教室「フェアビアンカ」を主宰する。

「フェアビアンカ」のボックスにXmasカラーの真紅のバラをつめて

<家族構成>

<家事・育児分担>

ほとんど私。週1だけ夫が掃除してくれる。 週2だけ食事の後片付けも。

<はたらくやりがい>

・花に触れると、みんな元気になる。仕事で疲れてレッスンに来ても、自分のアレンジメントをつくると満足げな“ドヤ顔”になって帰ってくれることが嬉しい。 ・アレンジメントを作っている時も楽しいが、イベントなどで作品が完成した時が達成感を感じて嬉しい。

中島知子さんの作品

<いきがい、モチベーションの源泉>

花を見たり、触れるとイヤなことがあったり煮詰まっても、忘れられる。「来月のレッスン、何にしよう」と悩んでも、花に触れるとアイデアが浮かんでくるのが自分でも不思議。やっぱり花が”好き”なんでしょうね。

<夢、10年後の目標>

大手百貨店のカレンダーに、私の花が採用されること。 その夢に向かって、SNSの花の画像の整備をがんばっている。

中島知子さんの作品

 

<これまでにあった転機>

パリに行ったこと。フローリスト養成校に通い、 これから花をやっていこう。教えられるようになったらいいなと思えた。  

<座右の銘>

「頼れるものは自分だけ。」「はじめなければ、何もはじまらない」  

<20歳の自分に言ってあげたいこと>

「世の中をもっと広い目で見なさい。最初に就職する職業の選択肢も、もっとあったんじゃない?」  

<応援メッセージ>

「煮詰まったら一歩引いて、自分を客観的に見つめよう。見方や見る方向を変えてみよう。」  

<インタビュー後記>

取材の時、フランスに渡って学んだフローリスト養成校のジャンイヴラーヌ先生について語るとき、知子さんの瞳はキラキラと輝いていました。ジャンさんのお花を彼のFacebookで見せてもらいましたが、とてもフェミニンで華やかな作風でした。「ジャンさんのつくるお花に惚れたんです」「今も、私の花の師匠はジャン先生なんです」と語る知子さん。今でも、花材の買い付けなどにフランスには出かけるそう。 お花の写真をきれいに撮るために、カメラも本格的に勉強して講師をつとめるほどの知子さん。勉強熱心で、多才な方です。夢がかなって、百貨店のカレンダーを担当できること、お祈りしています。