column


はたらくひとインタビュー

フリーランサー(人材系)| TNさん

プロ意識 029


フリーランサー(人材系)|

TNさん(38歳)

取材日2017年1月13日

<雇用・勤務形態>

個人事業主(おおむね9時半~15時半くらい)  

<業務内容>

人材育成、企画についての業務受託

<家族構成>

夫、長女(小1)

<育児する人、割合>

平日はほぼ自分一人、夫は夜10、11時帰宅

<これまでの経歴>

大学卒業(心理学系専攻)→銀行一般職(3年)→大手人材紹介会社(キャリアアドバイザー、研修・育成など約7年その間に産休・育休)→独立(個人事業主)  

<はたらくやりがい>

プロ意識をもって、現場の負担を軽減し、効果を発揮してもらうためにどうすべきかを常に考え実行、検証している。 デビュー→一人前→教えることができる状態を一連の流れとした場合、そこに至るまでに何をどうすればいいのかなど周囲を巻き込みながら仕事ができていること。

<いきがい>

子育てをしつつ、これまでの経験を活かした仕事ができることは本当にありがたいと思っている。

<夢や目標>

人材育成に関わっていきたい、評価制度や採用にも役立てることができると面白いと思っている。

<転機>

銀行の一般職から大手人材紹介会社に入社したこと 仕事上の転機では、影響力の大きい2人の上司に出会えたことが大きい。その方々のお陰で、キャリアの階段を上がったり、幅を広げることができた。  

<今の生活について>

長女が、2年生になっても学童に入れるかどうか、それによって働き方も大きく変わってしまうから。今の満足度は高い

<座右の銘>

相手の期待に応える  

<高校・大学生の頃の自分へ>

高校生の時に、大学を卒業してからの明確な目標がないまま進路を決めてしまった。「もう少し、調べておいた方が良いよ。」と伝えたい。

<これからのあなたへメッセージ>

子どもが生まれる前からいざという時のために逃げずにブレずに仕事をきちんとして力を蓄えておこう!!

<インタビュー後記>

PDCAサイクルをきちんと着実に回している。 きちんとしっかり、隅々まで。 それが、以前と全く変わっていない彼女の印象だ。 周囲の期待に応え、家庭を両立し安定した暮らしを感じることができた。 元気で何より。