column


はたらくひとインタビュー

クラウドワーカー|Tさん

やりたい気持ちに素直に生きる 041


クラウドワーカー|

Tさん(42歳)

株式会社ていと ~第3の働き方を提案する~

スタッフ

会社HP:https://la-teito.com/

取材日20170919
雇用形態や働き方、勤務時間など
在宅中心
これまでの略歴
卒業後→経理業務(約6年勤務・第一子出産10日前まで仕事した)退職→第二子出産後(長女3歳・長男1歳頃)に仕事復帰→ネットショップ受注業務(パート10~16時 約5年勤務) HP制作に興味があり退職、職業訓練校へ3カ月→インストラクター見習いとして業務開始・HP制作にも携わる(約4年勤務) →株式会社ていと にてデザイナースタッフとして在宅勤務  
家族構成
夫、長女(中1)、長男(小5)  
家事・育児分担
ほぼすべて自分  
はたらくやりがい
好きなことができ、ワクワク、これやってみよう!と思えることが面白い。 辛いことや大変なこともあるけれど、楽しいことができるかどうかで選んできた。せっかく仕事をするのだから楽しくやりたいと思っている。  
いきがい
子どもが一番 子どもの成長を間近で応援できること。子どもがやりたいことをやらせてあげたい。
夢や目標、今後の展望
現在は、家での仕事が中心だが、外に出てする仕事もやりたい。例えば、家3日、外2日などの割合でできるといいかなぁ。まだはっきりと決めているわけではないけれど。  
今の悩み、満足度
難しいと感じることは、基本的に一人でやっているので、ちょっとわからないことがある時に人に聞けないこと、それと仕事の時間配分など。 満足度については、好きな仕事をさせてもらえているので満足していて、特に今は、子どもが帰ってきたときに家にいられるのでお子さんも嬉しそうだとのことです。  
これまでにあった転機
子どもを初めて保育園に入れて仕事に復帰した時、その後、働いていたところを辞めて職業訓練校で勉強をしようと決めた時、パソコン教室のインストラクターの仕事に誘われてやってみようと思った時。 いずれも、お金ではなく自分自身のやりたいこと、好きなことを選択の基準として選び夫にも相談して決めてきた。  
座右の銘
一生懸命すれば、結果は返ってくると思っている。  
学生時代の自分に言ってあげたいこと
もっと運動をした方が良いよ。長く続けられるスポーツを身に着けると良いよと思っている。最近、体力が衰えてきていると感じることがあるから。  
仕事に復帰したい女性への応援メッセージ
悩んでいるのなら、ぜひやってみてはどうかと思う。もし、合わないと感じたり、できなかったとしてもその時にまた考えてみれば良いと思うから。いきなり正社員でなくても契約社員やパートなどでスタートする方法もあると思う。以前よりも多くの選択肢が世の中にはあり、女性はかなり選べる環境にあるから、やってみよう!    

母の日に家族から贈られたたケーキ

 
<インタビュー後記>
家族のことを第一にしつつ、ご自身の興味あることを選び進んできた道が今に繋がっているということをお話してくれました。 子どものやりたいことを犠牲にしたくないという母としての想いや、やるなら楽しいことをやりたいという自分への成長欲のバランスも上手に保っているようでした。これからも自分の気持ちに正直に道を決めていくのでしょうね。