program

ブログ

共に働き、共にはぐくむ社会の実現

本を書いて出版してからあっという間に時間が過ぎた。 それでもまだまだ時代は、なにひとつ変わっていないし、ワタシの力などまだまだなんの力にもなっていないと感じる毎日。 ママ友と話せば、職場でのやりづらさを感じているし、復帰したママも子育てとの両立に苦労を感じている。 私自身でさえ、やりたいことに近づいているような近づいていないような現状に嫌気がさす。 それでも、先日図書館に自分の本が並んでいるのを見て、ちょっと勇気がでた。 「誰かがこの本を読んで、生き方や仕事や家事育児の選択肢が増えたら良いなぁ」 ワタシが書いた本は、幸せ自慢の本ではない。 多くのひとの生き方の選択肢を知りたかったし、知って欲しかったから書いた本。 前向きな選択をより多くの人にして欲しかったから書いた本。 もっともっと多くのひとに届いたら良いと思っている。 #お薦め本 #学校や会社では教えてくれない幸せな女性の選択 #幻冬舎 #共に働き、共にはぐくむ社会の実現