program

ブログ

「親」という漢字

ここ数年 よく思い出すのは、自分が小学生の頃のこと 「親」という漢字を習った時だったか、 親は、立って木の上から見ているひとと教わった。 金八先生だったかなぁ その頃は、ふーんと書き方を覚えるためにそう考えたんだろうなぁくらいだったけれど 今は、本当にそうやってできた漢字なのだと思えてくる。 本当かどうか調べたことは無いのだけれど、 立って木の上から見ているひと まさに私もマンションのベランダから子どもの登校を見たり、 遊んでいる様子を見たりしている。 そうだ、見守ることが必要だ。失敗してもそれはそれ。 手出し、口出しを極力しないようにしっかりと見守ろう。 でも、適度って難しいんだけどね。