program

ブログ

#お薦め本 40歳のためのこれから術

40歳のためのこれから術 幸せな人生をていねいにあゆむために 松浦弥太郎 PHP研究所 松浦弥太郎さんは、本を書いた当時「暮らしの手帖」の編集長をされていた方です。 この本のタイトルを見て読むべき本と思って手に取りました。 共感するところも多く文字に触れたことでより意識できるようになりました。 40歳は一年生 これからはいいものを少し。 「いただく」から「与える」に。 70歳を人生のピークと考えて素敵な70歳を目標にするなども とっても勇気が湧いてきました。 まだまだこれから30年くらいはあるぞ。 そうだ!100歳をピークとしたら、まだ60年もあるじゃないか。