program

ブログ

#お薦め本 つぶれる会社には「わけ」がある

今回のお薦め本は、 つぶれる会社には「わけ」がある です。 日経ビジネス人文庫 著者は、林あつむ(←本当は漢字ですすみません。) ストーリーでわかる経営・会計・税務の罠とサブタイトルにある通り、 同窓会で再開した8人の体験談を夜が明けるまで語りつくすというストーリーで書かれている。 独立を志す人のために書かれたそうで、事業を始めてからどうやって軌道に乗せてきたのかについてもいくつか参考になる人が描かれています。 お金については、大きなお金を動かすようになってからでないと理解できない部分もあるため、今はまだ良く分からず、私の場合はまたいつか読む必要があると感じました。 難しい内容もそれぞれの人物の過去を振り返りながら書かれているためとても面白く読みやすかったです。 独立を考えている人も経営について知りたい人も役に立つ本だと思います。