program

ブログ

#やる気スイッチ

やる気スイッチはどこにあるのだろう?誰がいつ押すのだろう? もしも時間指定して自動にスイッチが入るのであれば、設定しておきたいところだ。 大人でも子どもでもそう思うことは誰でもあるだろう。 小5になる長男は、中学受験をすることになっている。 そのために塾にも通い、遊びも多少我慢して宿題に取り組んでいるが、どうもまだやる気スイッチは入っていない。 本人としては入っているつもりなのかもしれないが、親の目からするとついつい口を出したくなってしまう。 親の言うことなど、100%聞かない。だからこそ逆に言ってはいけないのだけれど、そこが難しいのだ。 子育てには忍耐力が必要だと思っていたが、これほどまでに忍耐力を鍛えられる時期はこれまでに無かったように思う。 そうだ、あと1年程は私自身の忍耐力を学ぶ機会と捉えよう。 私は私でやる気スイッチを自分で押さなければならない。いくつになっても何をやるにしてもだ。